注文住宅で欲しい住宅を

家作りに欠かせない部分というのは色々とあるわけですが個人的には耐震性というのを物凄く強くした住宅というのが欲しいです。この場合、色々な地震に強い方法というのを機能としてくっつけるみたいな形になるわけです。ちなみに日本の建築基準法などに関してはかなり強いです。地震に強いものであったりするわけであり、新築であれば基本的にはなんでもよいといえるでしょう。しかしながら、それ以上に強くするということが注文住宅なのであれば可能ということになりますのでそちらの面でかなり期待できるものがたくさんあるのでせっかくの家づくりであればそういうところからやってみたいと思っています。後は屋根裏とかにも拘りたいところです。物を置くところというような感じではありますが、生活空間に近い形での屋根裏部屋のあるところ、というのも欲しいところです。それ土地の広さによっては駐車場というのが作れないわけですが、そうではなくて地下に駐車場を作るというような形にすれば少なくとも居住空間があるのであれば車を置くとこぐらいは地下に作れるでしょうからそういう形で家づくりなんかもしてみたいと考えています。地下を作るというのはそれほど難しいことではないのですが、とにかく注意しなければならないのは排水です。きちんと工務店などに依頼してその辺りのことを配慮してもらうように何度も何度も注意しておくということができればそれほど問題になるということはないですが、作った後にここの住宅機能がそれほどよろしくない、というか生活に対しての不具合が生じている絵みたいなことがあったりするととても大変なことになりますので、これはしっかりと確認しておきたいところです。注文住宅での家づくりというのは結構な時間がかかることを覚悟しておかなければならないわけで、その点はものすごくコストに影響することになりますのでできるだけダラダラと決めるべきことを決めないで伸ばすというようなことはやめておいた方が良いです。