パントリーは本当に必要なか考えてみよう

家を建てるときに、パントリー収納を取り付けようか悩むのではないでしょうか。

パントリーとは、キッチンの一部またはキッチンに隣接して取り付けた収納場所のことです。パントリーがあれば収納が便利になりそうですが、そのためのキッチンスペースが必要になり、本当に必要でない場合に作ってしまうと邪魔に感じてしまうかもしれません。

パントリーのメリットとデメリットを知って、設置するのか・設置しないのか考えてみてください。

●メリット

パントリーがあれば収納場所が増えます。

お皿にこだわりがあり、調理器具をいろいろとそろえたい、食品をストックしておきたい、お客さんが多いからお皿が多く必要。このような場合、ものが多くなってしまい、キッチンが雑然としがちです。しかし、パントリーがあればそこに多くのものを収納できるので、キッチンをすっきりした見た目に保つことができます。ものを収納して作業台に何も出さないようにしておけば、動きやすくて料理の作業が楽になることでしょう。

また、ものがどこにあるのか把握しやすくなり、さっと必要なものを見つけ出すことができます。

たとえばお菓子をパントリーに収納すると決めておけば、子供が自分でおやつの準備をすることができます。

●デメリット

パントリーがあれば収納が増えますが、それは収納スペースを確保しなければならないということでもあります。もともとキッチンに広い面積を取れない場合、パントリーを設置してしまうと、ますますキッチンが狭くなってしまいます。動きにくくて調理作業をしにくく感じることでしょう。

また、棚を作ったりなど費用もかかります。家を建てるために使える費用はある程度限られているので、その費用内で納まるのか考えなければなりません。

収納が増えてキッチンがすっきりする、もののある場所を把握しやすいというメリットがある一方、スペースを確保したり費用が必要だったりするデメリットもあります。メリットとデメリットを考慮し、本当に必要なのか考えてみてください。