エクステリアとか間取りにこだわりたかった

新築の家を手に入れようとする時にはいろいろなことを考えることでしょう。どんな立地が良いのかということもそうですし、自分はこういう家が欲しいというようなイメージがしっかりとあるのであれば注文住宅にするという手もあります。私もいろいろと悩んで決めたということがあって家にはかなり満足しています。具体的には間取りです。私は自宅で仕事をしているのですがそれでとても役に立つようなというのをよくよく計算して実現できるようにということで注文住宅にしました。そもそも土地がありましたから、そこに建てるということにはなったわけですが、既存のものをそのまま設置するという形になりますとかなり安くできるという感じではあったらしいのですが、それでは満足のいく間取りというのがなかなかなかったので、もういっそのこと、ということで注文住宅で自分のイメージする住宅というの出来る限り近づけで家づくりをしたということになります。色々と間取りなどにもこだわったのですがエクステリアなどにも十分に自分の好みなどが反映させる家を作ることができました。エクステリアに関して言えば外から見れないようにという感じでもあるのですが外側にちょっとしたギミックを付けたりとかそういう部分でこだわりを見せたい所でしたので、色々と指定することができる注文住宅というのは実に自分の思い通りにできるのでフィットしてくれました。少しでも自分の求める住宅にしたいと言うのであれば、やはり建売ではなく注文住宅という形にした方が良いのではないかなと改めて思いました。但し、予算だけはオーバーしないようにということでかなり配慮したつもりです。少しでも自分の求めるようにということで予算に関して少し無理をしてしまう人が多いのですが、そうならないように、ということで色々と自制しました。その点はかなり上手くできたことであると自分で自負しているくらいであり、それは上手く住宅を手に入れるときに成功した部分であると思っています。