水を使う場所のこだわりについて

新築を作る時に、少し考えていることがありました。それはなんといっても、水回りのことです。水を使うところは、汚れが目立ったりして困る場所となるのです。以前に住んでいたマンションでも、そのことに困っていました。水を使うことが多いので、その事からカビ等の発生が多くなってしまうからです。そのことを知っていたので、新築を作る時にはそのことに注意をして作ることにしました。ここでは、私がこだわった水を使う場所について、ご紹介します。

・洗面台

洗面台は、毎日顔を洗う場所としてよく使います。その時、水が外にこぼれてしまうことがありますね。そこで、洗面台は、適切な深さが必要であると感じました。浅いもので、インテリアの素敵な洗面台もありますが、それは浅いので水がこぼれてしまいメンテナンスが大変となります。そこでやっぱり使いやすい、深い洗面台がいいと思っています。

またその周囲は、水が飛び散ってしまうことを想定して防水の壁紙などがおすすめです。私の家も洗面台の周囲は防水の壁紙にしています。すると剥がれてくることも防ぐことができます。

・トイレ

トイレは手を洗うことと、尿等が飛び散ってしまうことがあります。トイレで注意をしたいのは、その汚れというよりも匂いです。トイレが臭うのは、掃除ができていないということもありますがやっぱり壁から臭ってくることもあります。トイレの壁紙は防水で抗菌性のあるものにすると安心です。できれば汚れが目立たない色がいいです。もしくは、さっと拭き取ることができる素材がいいと思っています。

・キッチン

キッチンについても洗面台は、とても水を使います。その結果、水がこぼれてしまうこともありますね。そこでキッチンのシンクについてはある程度の広さがあることが望まれます。広さがあると、そこでじゃぶじゃぶ洗うことができます。

また毎日使う物なのでシンクの深さや高さなど、自分が使いやすいと感じるものを選びます。