一戸建ては高い!と思ってもいろいろ探せば安い物件に巡り合える!

結婚してから5年目で子どももできたし、お互い実家が戸建だったので戸建の購入を検討することとしました。

2人で「大体3500万くらいじゃない?」と適当に考えていましたが、いざ探してみると3500万はっきり言ってほとんど見つからず、4000万とかが普通でした。モデルルームの見学会などに行って話を聞くと、「親に頼み込んで頭金を出してもらう」「親に一部ローンを返済してもらう」などといった方法で家を買う人が多いといわれました。

しかし、こちらとてそのような方法を駆使してまで家を購入するのはちょっと気が引けます。その為、半年以上安い物件がないかインターネットで調べたり、モデルルームを見に行きました。そしてある日、全く別の分譲住宅の土地を見に行った際にそこのハウスメーカーの営業さんから「ここの分譲はほぼ売り切れですが、たしか今の住まいのほぼ近くでキャンセルが出たはず」といわれたので見に行きました。

そこはなんと今の住まいから歩いて2分!分譲といっても6建程度しか家が建たないところです。てっきりすでに住宅が建っていると思いきや、聞くと契約がほぼ決定しかけていたのに客側の都合で契約解除になったそうです。

早速詳しく話を聞くと、売れ残りなので普通は4000万するいえを3000万でいいとのこと。ただし、注文住宅なのでオプションは追加となります。正直4000万の家が3000万で購入できるということで即契約しました。

結局、オプションを含めると3200万になってしまいましたが、予算よりも低価格でかなりディスカウントした金額で購入できたので非常に満足しています。

住宅はほとんどの人が人生に1度の買い物となり、そのローンは定年退職するまで付きまとう人も多いでしょう。ですので、少しでも安く購入することは支払金額を低くするうえで必須だと思います。無理なローンを組まないよう、インターネットや実際にモデルルームの見学会を訪れて、少しでも安い物件探す努力を怠らないようにしましょう。