天井の高さについて

新築を作るときに、憧れの部屋つくりをしたいと思いますね。私の外国の家のように、広い空間にすることを思っていました。いろいろなところにいったときに、こんな家がいいなと思うことがあったのです。その一つに、天井の高さがあります。天井が高いと、とても気持ちよく過ごすことができますね。そのことを思っていたので、自分の新築作りの時も天井の高い家がいいと思っていたのです。

しかし実際は、普通の高さにしています。そしてそのことについて、住んでいると満足をするようになっています。ここでは、新築の天井も高さについて,どんな風にしたらいいのかご紹介します。

・気持ちよく過ごしたい場合は高い方がいい

気持ちよく過ごしたいと思う場合は、やっぱり天井が高いほうがいいと思っています。そのほうが、開放感があるからです。空気も新鮮に感じることが出来るので、そのことだけを思うと高い方がいいと考えます。

・光熱費を考えると普通の高さが無難

光熱費のことを思うと、普通の高さが無難と思っています。それは、なんといっても冷房などを使うときに天井が高い分で光熱費がかさんでしまうからです。維持費が高くなるので、そのことを辛いと思う場合は普通の高さが無難です。

・天井の掃除のことについて

天井を掃除することがありますね。ほこりが案外とたまることがあるのです。その時、とても高い天井だと困りますね。掃除をすることができたとしても、とても大変と思うようになります。また掃除を同じように、電灯の交換なども悪戦苦闘をすることになります。そのことも、後から失敗したと思うことがあるみたいです。

・普通の高さがいい

私の家の場合は、天井が低いこともないし特別に高いこともありません。そのため、生活をしていて不便と感じることが少ないのです。日々の生活を思うと、そのことに重視をする人の方が多いので、通常の高さが無難と思うようになっています。特に光熱費は、感じています。